未分類

CentOS7とJavaの性能検証用環境の構築(その3:Glassfish構築編)

GlassFishのインストール

以下の手順でインストールします。
①/optに移動。
②wgetでGlassfishをダウンロード。
③ダウンロードしたzipを解凍。

## ① /optに移動。
[root@localhost ~]# cd /opt

## ② wgetでGlassfishをダウンロード。
[root@localhost opt]# wget http://download.oracle.com/glassfish/5.0.1/release/glassfish-5.0.1.zip
--2020-09-05 22:12:42--  http://download.oracle.com/glassfish/5.0.1/release/glassfish-5.0.1.zip
download.oracle.com (download.oracle.com) をDNSに問いあわせています... 23.217.124.4
download.oracle.com (download.oracle.com)|23.217.124.4|:80 に接続しています...  接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 301 Moved Permanently
場所: https://download.oracle.com/glassfish/5.0.1/release/glassfish-5.0.1.zip [ 続く]
--2020-09-05 22:12:42--  https://download.oracle.com/glassfish/5.0.1/release/glassfish-5.0.1.zip
download.oracle.com (download.oracle.com)|23.217.124.4|:443 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
長さ: 117592534 (112M) [application/zip]
`glassfish-5.0.1.zip' に保存中

100%[======================================>] 117,592,534 7.04MB/s 時間 19s

2020-09-05 22:13:01 (5.85 MB/s) - `glassfish-5.0.1.zip' へ保存完了 [117592534/117592534]

## ③ ダウンロードしたzipを解凍。
[root@localhost opt]# unzip glassfish-5.0.1.zip
Archive:  glassfish-5.0.1.zip
   creating: glassfish5/
  :
  :
[root@localhost opt]# ll
合計 114840
-rw-r--r--. 1 root root 117592534  1月 16  2019 glassfish-5.0.1.zip
drwxr-xr-x. 6 root root        76  1月 15  2019 glassfish5
drwxr-xr-x. 2 root root         6 10月 31  2018 rh

Glassfishを配置できたら、次に以下の手順で設定を行います。
①Glassfishサーバーの起動
②管理者パスワード設定
③ログインストアにパスワードを登録

## ① Glassfishの起動
[root@localhost bin]# pwd
/opt/glassfish5/bin
[root@localhost bin]# ll
合計 8
-rwxr-x---. 1 root root 2233  1月 15  2019 asadmin
-rwxr-x---. 1 root root 2496  1月 15  2019 asadmin.bat
[root@localhost bin]# ./asadmin start-domain
Waiting for domain1 to start .........
Successfully started the domain : domain1
domain  Location: /opt/glassfish5/glassfish/domains/domain1
Log File: /opt/glassfish5/glassfish/domains/domain1/logs/server.log
Admin Port: 4848
Command start-domain executed successfully.

## ② 管理者パスワードの設定
[root@localhost bin]# ./asadmin change-admin-password
Enter admin user name [default: admin]>    ←空白でEnter
Enter the admin password>           ←空白でEnter
Enter the new admin password>          ←新パスワードを設定
Enter the new admin password again>       ←新パスワードを設定
Command change-admin-password executed successfully.

## ③ ログインストアにパスワードを登録
[root@localhost bin]# ./asadmin login
Enter admin user name [Enter to accept default]> admin
Enter admin password>
Login information relevant to admin user name [admin] for host [localhost] and admin port [4848] stored at [/root/.gfclient/pass] successfully.
Make sure that this file remains protected. Information stored in this file will be used by administration commands to manage associated domain.
Command login executed successfully.

ようやくGlassfishが起動しました。
CentOS内でFirefoxを起動して、http://localhost:4848にアクセスすると以下の、管理者用の画面を表示することができます。
先ほど設定した、「admin」のパスワードを使ってログインします。

初回は少し待機する画面が表示されますね。

この手順ではwindows10から4848番ポートでの操作はできません。
windows10から管理者画面を開きたい場合はGlassfishでSSL有効化設定を行う必要があります。
ただし、めちゃくちゃ面倒そうだったので私はやめました。所詮開発環境ですので。

基本的に使うglassfishの起動と停止コマンドは以下です。
<起動> #./asadmin start-domain
<停止> #./asadmin stop-domain

起動ユーザーの作成をしておきましょう。

## Glassfishの停止
[root@localhost bin]# ./asadmin stop-domain
Waiting for the domain to stop .
Command stop-domain executed successfully.

## glassfishユーザーの作成
[root@localhost bin]# adduser glassfish

## Glassfishディレクトリ以下の所有者をglassfishに変更
[root@localhost bin]# chown -R glassfish:glassfish /opt/glassfish5

## ユーザーをglassfishに変更。
[root@localhost bin]# su glassfish

## glassfishでGlassfishを起動。
[glassfish@localhost bin]$ ./asadmin start-domain
Waiting for domain1 to start .......
Successfully started the domain : domain1
domain  Location: /opt/glassfish5/glassfish/domains/domain1
Log File: /opt/glassfish5/glassfish/domains/domain1/logs/server.log
Admin Port: 4848
Command start-domain executed successfully.

Glassfish構築にかかわる部分はこれで終わりです。

CentOS7とJavaの性能検証用環境の構築

  1. その1:概要編
  2. その2:CentOS構築編
  3. その3:Glassfish構築編 (★★★この記事★★★)
  4. その4:Java Servlet構築編
  5. その5:Jmeter設定編
  6. その6:性能計測編
ABOUT ME
kash
エンジニア歴5年目くらい。金融系の業務システムの構築を担っているが、内心はtoC系のシステム構築にかかわるビジネスに携わってみたいと思っている。自分で何かしらのサービスを作ってみよう活動を実施中。バイクが好き。